冬のバス釣り攻略法!シャローorディープの両極端で釣果UP!

冬でもバス釣りしますか?

ただでさえ、朝起きて布団から出たくないこの季節。

1980年代後半まで「冬はバス釣りのオフシーズン」という風潮があったようです。

しかし、現在ではバスの生態が解明され、タックルの進歩などもあり、バスフィッシングはオールシーズン楽しめるようになりました

オールシーズン楽しめるようにはなりましたが、冬のバス釣りの難易度は高いです

バスはそんなに簡単には釣れません‥難しいですよ。

バス以外の魚を釣るのもいいでしょう。カワハギも面白いし、エリアトラウトもいい!

でも、この季節に手にする一尾は正直しびれます!

トシロー

まじで、冬バスは厳しいよな‥俺はシャローしかやらないから打率2割ぐらいだな‥

うん。。。確かに厳しい季節だね。

でも、この時期はデカバスを狙って取れる時期でもあるからね!

タオル

今回は冬のバス釣りについて、どんなやり方で釣っていくのがよいかを紹介していきます。

この記事を読めば、冬のバス釣りが楽しくなると思います!

冬のバスの行動

冬のバスの状態は?

バスは変温動物のため、水温が下がると動きが鈍くなります

最低水温(5度~8度)付近ではバスはほとんど動きません

まだ、バスを飼育することができた時に、30cmぐらいのバスと45cmぐらいの2匹のバスを屋外の水槽で飼っていました。

小型のバスは1月中旬~2月初旬の約3週間は全く動きませんでした

エサもほぼ食べていなかったと思います。じっと水槽の隅に置いた木の影にいて、全く動かず、何度も死んでしまったのでは?と確認したほどです。

それほど冬のバスは活性が著しく低下して、動かなくなります

一方大型のバスは、エサを入れればすぐ追い回して食べていました。

さすがに動きが若干鈍っていて、温かい頃に比べると動きが鈍いように感じましたが、それでもエサを追い回す体力があったようです。

このように、体力のある大型の個体は水温低下に対しても強くシャローに残る個体もいます

体力のない小型のバスほど、水温の安定するディープに落ちる個体が多いです。

トシロー

確かに冬のシャローで釣ったバスで40cm以下を釣った記憶ねーな!

体力がない小型のバスはシャローにいることができないんだと思うよ。

だから自然とシャローにはでかいやつしかいなくなるんだね。

タオル

冬のバス釣りのコツ!

シャロースタイル

(出典:Basser

シャローのカバー撃ちは冬でも可能性のある釣りです。

しかも釣れれば大抵40cmは超えてきます

ただし、ギャンブル性はかなり高いです。フィールドによっては3~4回の釣行でノーバイトなんてことも珍しくありません。

安定感こそないけれど、やりきった末の1匹はディープの釣りとは違った格別なものがあります

シャローなら一日やりきる覚悟が必要です。

いくらシャローと言ってもハイシーズンのように落ちパクみたいな展開はかなり稀で、基本はじっくりと誘う必要があります。

1級カバーを何度もタイミングを変えて回るような戦略がおすすめです。

下手にラン&ガンを繰り返すよりも、ここは絶対にいる!と思える1級のカバーを狙いましょう。

しつこく角度を変えて、何度も狙う必要があります

シャローに残っている体力のあるバスでも、冬は目の前にルアーが来ない限り口を使いません

バスの目の前にルアーをゆっくりアプローチして、しっかり喰わせる間を与えてあげます。

冬のシャロースタイルはゆっくり&丁寧が肝です

この動画で撃っているような所を中心に攻めると可能性が広がると思います。

トシロー

ハイシーズンみたいにやってると釣れねんだな‥だからか‥

冬バスの動きを見ればゆっくり丁寧にやらなきゃ釣れないっていうのがわかると思う!

タオル

ディープスタイル

野池や浅い湖沼であれば、最深部を攻めます。

リザーバーであれば8m~13m程になると思います。

このディープの釣りは比較的安定感のある釣りです。

また、魚影の濃いスポットを見つけて集中的に攻めれば冬でも2桁釣果なんて時もあります。

ただし、サイズは正直あまり期待できません

グッドサイズが釣れないわけではないのですが、平均サイズは25cm程のキーパーサイズになると思います。

それでも冬のバス釣りであれば、値千金の一尾には変わりありません

ボトムを丁寧に釣るか、リアクションで喰わせるか、メソッドとしても両極端な釣りになります。

トシロー

深い所って苦手なんだよな‥なにやってるかわかんねー!

ボトムが取れる範囲でシンカーのウェイトを調節しよう!

タオル

ルアーマガジン「陸王」の動画がU-NEXTで配信開始!無料体験で見れちゃう!

31日間の無料体験でルアーマガジンの人気企画「陸王」が見れる!

» ルアーマガジン「陸王」がU-NEXTで配信開始!ついに来た!

冬のバス釣りおすすめ攻略法

パワーフィネス、テキサスでヘビーカバーを攻める!

狙うべきカバーはハイシーズンと何ら変わりません。

基本的には水中に枝や幹が浸かっている水深のあるカバーを狙います。

リザーバーなら崩落跡なんかが理想的です。複雑なカバー程釣れる確率は高いと思います。

浮きゴミが絡んでいるとさらに良いです。浮きゴミは風や外気の変化をシャットアウトしてくれるので、規模が大きく動かなそうな浮きゴミであれば更にチャンスです。

陽当りのいいカバーの方が水温が上がるのでいいと思われがちですが、経験上あまり関係ない気がします。

アクションはあくまでゆっくりです。

ハイシーズンの3倍~5倍ぐらい時間をかけるべきだと思います。かなり長めにシェイクすることをおすすめします。

冬のリザーバーなどのクリアな水系だとバスが見える事もあります。

バイトの瞬間まで丸見えなこともありました。

冬のバスの動きは寝てんのか?ってぐらいノロノロしています

動きたくても自由に体が動かないのかもしれません。

恐らく全身の感覚が鈍くなっているので、視野や側線の感覚も鈍いのか、なかなかルアーにも気付きません。

そんなサイトフィッシングの経験からもかなり丁寧に、10cm単位でずらしてカバーを探ってあげる必要があります

つまり、そんなに多くのカバーを撃つことは自然とできなくなってきます。

冬のシャローカバー撃ちでつれない人は大抵釣りのリズムが速すぎます

丁寧に、焦らず、じっくりと誘ってあげましょう。

複雑なカバーで有利なスモラバを用いたパワーフィネスは冬にも超有効な手段です。

ベイトタックルではキャスト不可能な場所も、パワーフィネスで攻略しましょう。

スモラバは3.5g~4gがおすすめです。トレーラーはガルプ漬けなどをして少しでもバイト時間を長くする工夫が有効です。

合わせて読みたい

パワーフィネスについては「パワーフィネスでカバーを攻める!カバー攻略最終奥義!?(ヘビーカバー編)」をチェック!

パワーフィネスでカバーを攻める!カバー攻略最終奥義!?(ヘビーカバー編)

トシロー

冬のバスはそんなにスローなのか‥速すぎるから俺は釣れなかったのか?

冬でもめちゃくちゃ動けるやつもいるとは思うけどね。

基本はゆっくりやったほうがいいと思う。

タオル

ダウンショットでボトム攻略!

水深の浅い野池などのフィールドであれば、狙いはフィールドの最深部に近い水深を狙います。

この時期は魚がルアーを追う範囲がすごく狭くなるので、かなり刻んでポイントを攻めます。

30cm単位ぐらいで刻んでもいいと思います。

基本的にアクションはそこまでゆっくりでなくても大丈夫です。

どちらかというとダウンショットはサーチ的な要素が強いと思います。

移動距離は1cm前後を意識して、連続してシェイクします。

5秒シェイク→とめてバイトがないかをラインを張って確認を繰り返します。

この時に冬のアタリはコンっと手元にアタリを感じることもありますが、基本的に明確に手元までくるあたりは少ないです。

大抵は根掛かりかな?と思うようなちょっとした引っかかりのような感触をイメージしてください。

少しラインを張って確認して、怪しければすべてフッキングします

自分のロッドの感覚がわかっている場合には根掛かりなのか、魚なのかを判別できるようにもなりますが、基本的にあたりを判別するのはすごく難しいです。

フッキング後もゴミか?という感じの場合も多いので、リグが上がってくるまで油断は禁物です。

ロッドについては、この時期だけはソリッドティップに軍配が上がります

やはりバイトを弾かずにロッドティップが追従してくれて、ちょっとでも魚の口にホールドされている時間が長い方が有利です。

それだけ低活性、ショートバイトが多い季節ということです。

ダウンショットのウェイトは1.8g~2.7g。風が強い時には3.5gにしてもいいです。

極力軽めのウェイトを使うのが肝で、少しでもアタリを感じやすい軽量のものを使いましょう。

ただし、ボトムが取れる範囲で最軽量のものを使用してください。

無理に水深10mで1.8gを使うと全くノー感じという人は、底が取れる重さのウェイトを使用したほうが釣果は上がると思います。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥702 (2018/11/17 19:43:24時点 Amazon調べ-詳細)

トシロー

ディープのダウンショットって何やってるかよくわかんねーんだよな‥

ノー感じすぎるんだよ!

ボトムを取れるウェイトを使えば大丈夫だよ。

軽いに越したことはないけど、ボトムを取れる最軽量で大丈夫!

タオル

食わせの最終兵器「ジグヘッド」!

ジグヘッドリグは喰わせの最終兵器です。

根掛かりのリスクは上がりますが、フッキング性能がすこぶるいい為、この時期のみジグヘッドリグをボトムで多用します。

どうしてもダウンショットではフッキングが決まらない、バイトがない時にはジグヘッドリグを試してみてください。

アクションはダウンショットよりもさらに移動距離を短くして、細かなシェイキングで誘います。

基本アクションはシェイク→とめてバイトの確認の連続です。

ダウンショットと同じですが、シェイクはさらに弱めです。

ジグヘッドはダウンショットよりもボトムベッタリにいる活性の低いバスを狙います

この手のバスはヒレすらも動かしたくない感じで、完全に底に腹をつけているようなバスです。

目の前に来たものだけをパクっと食べる感じをイメージしています。

スローにバスの目の前にリグを置いていく感じです。

かなり根気のいる釣りですが、極限の低活性時にはおすすめです!

created by Rinker
ケイテック(KEITECH)
¥544 (2018/11/17 19:43:24時点 Amazon調べ-詳細)

メタルバイブでリアクション狙い!

活性が低く、喰わせが効かない場合にはリアクション狙いに切り替えます。

そこで活躍するのがメタルバイブです。

メタルバイブの釣りはリアクションの釣りなので、リフト&フォールの回数が重要です。

おかっぱりで遠投する場合に顕著ですが、ラインがボトムに寝てしまっていて全然リフトできていない場合があります

おかっぱり遠投で使用する際には、リア側のアイ(後ろ)を使用することでリフト時に上方向に行きやすくなります。

アクションはあまり安定しませんが、遠投時にはベストだと思います。

オカッパリで遠投して使用する場合には、ナイロンライン、PEも選択肢としてありだと思います。

ラインの比重が低いため、ラインの角度が大きくなり、1キャストでのリフト&フォールの回数を増やすことができます。

PEの場合には糸絡み防止の為にリーダーは必須です。

メタルバイブを使う際に意識するのは3点です。

MEMO

  1. シャクリはそんなに早くなくていい。
  2. ラインスラッグを出しすぎない
  3. ボトムについたらすばやくリフトする

シャクリはそんなに早くする必要はありません。手首のスナップを使ってエギングのように鋭くしゃくるとそれだけラインスラッグが瞬間的に多く出ます

次のシャクリまでにスラッグの巻取りが間に合わず、バイトを逃します

メタルバイブのバイトは着底時とリフトアップ時に集中するので、着底時のバイトをものにするためにもラインスラッグの処理には気を使いましょう。

また、ボトムにつけすぎると地球を釣る確率が大幅に上がります。

メタルバイブは根掛かりとの闘いです。

少しでも根掛かりの確率を減らすために、メタルバイブを横倒れさせないように意識しましょう

この3点を意識して使えば、あとはひたすらシャクって落としての繰り返しだけです。

タックルは7gまでならMLのベイトフィネスタックルが一番使いやすいと思います。

トシロー

シャクって落としてだけでほんとに釣れんのか?タダの鉄板だぞ?

ほんとに単純な操作だけで釣れるよ!

根掛かりは避けられない釣りだけどね‥回収機は必須!

タオル

浅いフィールドならシャッドでボトム狙い!

シャッドをボトムでスローに使う方法もおすすめです。

野池などの浅いフィールドでは特にこの方法は有効です。

2~4mのボトムでは冬の最強メソッドと言ってもいいかもしれません。

この釣り方は正直はたから見たら、ワームを使っているように見えるかもしれません。

それぐらいスローに動かします。

ワームのようにボトムで操作して、一口サイズでトリプルフックがついているので掛かりもいい。

まさに冬のボトムの釣りに向いているメソッドです

キャスト後にはすばやく巻いて、ボトムまで到達させます。

ボトム到達後は、スローにロッドワークでチョンチョンとテンションをかけてポーズを繰り返します。

ネコリグを操作しているような感じでシャッドを操作します。

この時のシャッドのロッドワークはかなり繊細です。

なにかにスタックしたのを感じたらポーズを長めに取りましょう。感覚的には5秒~10秒程です。

スタックしてはずれないようなら、ロッドを上方向に軽く煽って外します。

この時に外れた瞬間、リアクションで喰ってくる場合もあります。

シャッドのボトム攻略なんて、根掛かり多発するんじゃと思われがちですが、使うルアーとフックによっては根掛かりしても回収できます。

フックは「がまかつのトレブル17」がおすすめです。

細軸でかかり抜群!これ以上のフックは今の所見当たりません。

シャッドはOSPのダンクがおすすめです!ボトム攻略シャッドの絶対的エースです。

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥1,620 (2018/11/17 19:43:25時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて読みたい

ダンクについては「OSPのハイカット、ダンクの使い分け!シャッドの性能を最大限引き出す!」をチェック!

OSPのハイカット、ダンクの使い分け!シャッドの性能を最大限引き出す!

トシロー

シャッドってそんなにスローにアクションさせんのか?

早巻きのイメージあるけど!?

超高速でリアクションバイトを誘うのはハイシーズンのサイトとかかな。

ボトム狙いなら、冬場は超ゆっくりがおすすめ。

タオル

冬のバス釣りで最も大事なこと‥

ここまで色々と冬バスの釣り方を紹介してきましたが、冬に一番大事なことって何だと思いますか?

ルアーはフィネスに、ロッドはソリッドティップを使って食い込みを良くして‥

実は‥そんなことは二の次です!

いちばん大事なのは防寒対策です!

冬に釣りをしたことがある人ならわかると思いますが、冬の水辺の寒さは尋常ではありません

僕は比較的寒さに強いほうだと思っていましたが、初めて1月に釣りに行った霞ヶ浦で死ぬほどの寒さを経験しました。

その日の服装はジーンズにダウンジャケット、中には厚手のセーターを着込んでいたので、街なかを散歩するぐらいであれば十分な装備です。

しかし、釣りを始めてから1時間ぐらい経った時には、もう足の感覚がありませんでした。。。

グローブもしていなかったので、手は袖の中にしまっていないと無理。。。寒いと言うか痛い!

もうはっきり言って釣りどころではありません

防寒対策をしっかりしていかないと、せっかく釣りに行っているのに寒さに耐えるだけで終わってしまいます

もう修行以外の何物でもないです。

トシロー

足先の感覚がなくなるって‥想像したくねーわ!

いや、もうキャストする気起きないからね!

防寒対策なくしてバスをキャッチすることは不可能だよ!

タオル

おすすめの防寒対策

今では機能性の高い防寒着が発売されていています。

防寒の基本を理解して実践すれば、雪だるまのような身動きが取れない服装をする必要はありません。

ポイントは次の2点です。

MEMO

  1. 空気の層を作る
  2. 足先を厳重ガード

アウター、ミドル、ベース(インナー)に最適な素材を使って、暖かい空気の層を作るのが重要です。

特に重要なのがミドルレイヤーとベースレイヤーです。

ベースはヒートテックやブレスサーモなどの保温性の高いウエアを使用するのがおすすめです。

特にミズノのブレスサーモは超オススメです。

ユニクロのヒートテックとは別格の暖かさで、肌触りも最高!

値段は高いですがブレスサーモを使ったら、ヒートテックには戻れません。

ミドルレイヤーのおすすめはフリースとインナーダウンです。

特におすすめなのはインナーダウン。

暖かい空気の層を一番保持してくれるので、ぜひ使ってみてください!

これもユニクロで売っていますが、登山メーカーのものがおすすめです。

ユニクロはコスパは最強ですが、やはり登山メーカーには品質では絶対勝てません。

おすすめは「Mont-bell」です。登山メーカーの中では価格が一番お手頃で品質も文句なし!

最後に

今回は「冬のバス釣り」についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

冬のバス釣りは正直過酷です。

釣果もハイシーズンのようには上がらないので、釣りに行く気が失せる事もあります。

でも、冬の1匹はハイシーズンの10匹よりも価値があると思います。

難易度の高いゲームを攻略した時の喜びはなんとも言い表せません。

ぜひ、この記事を参考に冬のバス釣りにチャレンジしてみてください!

この記事で紹介したアイテムまとめ(Amazonリンクに飛びます)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です