チェリーリグは根掛かり回避最強リグ!作り方&使い方を徹底解説!

Basser誌で長期連載していた「オギタ式」の沖田護プロと荻野貴生プロが愛用しているチェリーリグ。

正直、名前は知っているけど使ったことがない人が多いと思います

実はこのリグ‥かなりの万能リグです。使わないのはもったいないと断言します。

実際使ってみると、使い勝手が非常によく、根掛かり知らずで、誘いもいいとかなり優れたリグです

トシロー

確かに名前は聞いたことあるな。でも今いち針金とかついてて釣れそうに感じねーよ‥

確かに見た目の金属パーツが多くて釣れなそうに感じるかもね‥

でも、使えばすぐに良さがわかると思うよ!

タオル

今回はこの「チェリーリグ」について、このリグを使ったことがない人向けに、特徴、使い方から自作までを紹介していきます。

この記事を読めば、チェリーリグという新たな引き出しを得て、さらなる釣果に結びつくと思います!

チェリーリグとは?

チェリーリグの概要

チェリーリグはダウンショットのリーダー部分を針金にして、シンカーにバレットシンカーを使ったリグです。

こんな金属パーツが多くて、いかにもバスに警戒されそうなリグがなぜ釣れるのか不思議です。

バレットシンカーを針金に通して使用します。

チェリーリグのメリット

ボトム感知能力がすごい

チェリーリグはバレットシンカーが通常とは逆にセットされており、ラインを引っ張った際にはシンカーが斜めになることで、ボトムと点で接します。

このことでボトムを感じる手感度が非常によくなり、他のリグよりも明確に違いがわかります。

根掛かり回避能力が高い

特にオダ系の障害物にめっぽう強いです。ごちゃごちゃしている木の枝の中を通してもかなり高い確率で回避します。

岩系でも回避率はダウンショットよりは明らかに引っかかりません。

リグが浮いた状態にできる

ワームが浮く構造のリグです。ワームの姿勢が非常に良い状態でボトムから浮かせることができます。

ボトムから数センチの微妙な差ですが明らかに喰いがよくなることが多いと感じます。

少し浮いていることで、ワームの下に水が流れるのでワームの動きを120%活かせます。

フッキングがいい

リングにフックを通している状態になるので、フックポイントがほとんどの場合上を向いています。

オフセットフックを使ったヘビダンよりもかかりがいいと感じます。

ラインが糸よれしない

ヘビダンを使っていて感じるストレスNo.1のラインのよれ

スイベルを噛ませれば解消しますが、結び目が増えることでラインブレイクの確率は間違いなく上がります

チェリーリグはラインがほとんどよれません。使っていて一度も気になったことがないレベルです。

チェリーリグのデメリット

ラインのダメージが大きい

これはダウンショットとの比較です。

ダウンショットの場合はリーダー部分が接しますが、チェリーリグの場合はメインラインが障害物と接することが多いです。

しかしダウンショット以外のリグでも同様のことが言えるので、そこまで大きな問題にはなりません。

チェリーリグのリグり方

チェリーリグを作るのに必要なのは、市販の「フェロモンチェリー」と「バレットシンカー」「ペンチ」です。

フェロモンチェリーにはフックが付属されているので、必要なものはこれだけです。

作り方は至って簡単です。

  • STEP.1
    バレットシンカーをワイヤーに通す
     

  • STEP.2
    好みの位置でワイヤーを直角に曲げる

  • STEP.3
    ワイヤーがバレットシンカーの中に収まるようにカットする

    2m~3mぐらいを残してカットする。

  • STEP.5
    シンカーがくる部分を曲げる

    シンカーが通る部分を曲げておくと、シンカーをロックしやすいです。

  • STEP.5
    バレットシンカーをワイヤーの先端にロックして完成

注意

ラインを結ぶのは必ずワイヤーでできた輪っかのフックアイより上です。

本家本元の沖田さんが解説している動画を見ればすぐにわかります。

チェリーリグの使い方&使い所

ボトムの変化を釣る

感度抜群なので、ボトムの変化を釣るときにはかなりのメリットになります。

ダウンショットと比べれば、5gのシンカーで7gを使っているような感度を得られます

また、根掛かり回避性能が高いので、ストレスが圧倒的に少ないです

テトラやリップラップなどのハードボトムでも常にボトムのコリコリ感を感じながらリグを引けるので、集中力が全然違います。

結果、釣果に結びつきます。

ワーム系の釣りがノー感じ、だるくてやってられないという人でも、このリグなら続けられると思います。

カバー撃ち

水面上に出ているカバーを撃ってもチェリーリグは優秀です。

基本ボトムの釣りがメインにはなりますが、ちょっとしたカバーを撃ちたいなんて時にはそのまま撃つことができます。

ツルッとカバーの隙間に入り込ませられるので、けっこう重宝します。

ダウンショットでややっこしいカバーなんて撃つ気になりませんが、チェリーリグならいけちゃいます。

チェリーリグに適したワーム

ワームはなんでも使えますが、実積がでているのはホッグ系、ストレート系です。

おすすめのワームを3つ紹介していきます。

ノリーズ エスケープツイン

オギタ式でよく使われていたのは「エスケープツイン」です。

このエスケープツインはもはや鉄板なので、ぜひ使ってみてください。

チェリーリグとは本当に相性がいいと思います。

エバーグリーン キッカーバグ3.5

こちらは沖田さんがチェリーリグでよく使用しているワームです。

開発者のお二人が使っているワームはやはり外せません。

フラットな爪の形状がこのリグにあっています。水平姿勢をとってくれて、ワームがいい感じに動きます。

実績的にもエスケープツインと変わりません。釣れます。

ケイテック イージーシェイカー4.5

ストレートワームとの相性もかなりいいです。

ヘビダンでもよく釣れるワームはやはりチェリーリグでも釣れます。

イージーシェイカーは浮力が高く、キッカーバグ同様に水平姿勢を保ってくれるのが釣れる秘密だと思います。

created by Rinker
ケイテック(KEITECH)
¥412 (2018/12/15 11:13:52時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事イージーシェイカー (KEITCH)のインプレ!なぜ売れないか不思議すぎる!

チェリーリグの自作方法

チェリーリグは3本入りで約680円という価格設定の為、1個あたりが約220円と結構お高いリグです

フックもがまかつ製のいいフックを使っているので、結構コストはかかっているのですが、それでも高いと感じる方も多いと思います。

安心してください。チェリーリグはちょっと手間をかければ自作できます

自作すれば、自分が普段使用しているフックが使えて、さらに経済的。

チェリーリグが気に入ったら自作することをおすすめします。

自作方法は2通りあるので、紹介していきます。

①市販の部品で自作する

Activeから「ダイレクトスティック」というチェリーリグを自作する為のパーツが販売されています。

このダイレクトスティックを使えばかなり簡単にチェリーリグを自作可能です。

コスト的には5本入で324円(約65円/本)なので、65円+フックの値段となります。

Amazon価格で比較すると、がまかつのWorm316が6本入りで320円なので、65円+54円で119円と1本あたり約100円の節約になります。

使い方は至って簡単。フックをリングに通すだけです。

created by Rinker
アクティブ
¥292 (2018/12/15 11:13:52時点 Amazon調べ-詳細)

②針金で自作する

市販のパーツを使わなくても針金で自作することもできます。僕の場合は断然自作派です。

手間はかかりますが、針金の料金だけになるので、600円程で100個ぐらい作れますので、1個あたりは6円+フック代54円で合計60円程と1個あたり160円も節約できます。

加工する時間は30分で15本ぐらいは作れます。

必要なもの

  • ステンレス線
  • (丸口ニッパー)
  • (ステンレスハンダ&ステンレス用フラックス)
  • (ハンダコテ)

針金は硬いステンレスを使います。「ステンレス線」という名前でイカ釣りのヤエンなどを制作するのによく使われてる素材です。

太さは0.8mm~1.0mmが適切な太さです。強度を考えると太い方がいいかも知れませんが、1.0mm以上になるとタングステンシンカーで穴に通らないものがあると思います。

1.0mmで結構ギリギリなので、もしかすると通らないタイプもあるかも知れません。

僕がメインで使用しているダイワのバサーズワームシンカーの場合は1.0mmでかなりギリギリです。0.8mmでも強度的に壊れたことはないので、0.8mmを買っておけば間違いないと思います。

created by Rinker
エヌティースイベル(N.T.SWIVEL)
¥313 (2018/12/14 19:15:13時点 Amazon調べ-詳細)

丸口ニッパーは丸の輪っかをきれいに作るために使用します。ただのペンチを使用してもできなくはないですが、あると便利です。

ハンダは強度アップのために輪っかを閉じるために使います

  • STEP.1
    輪っかを作る
     

    丸口ペンチを使用して、輪っかを作ります。

    普通のペンチでもできますが、若干輪がいびつになってしまうことが多いです。

  • STEP.2
    輪っかの根本から逆方向に曲げる

    輪っかがワイヤーに中心の真上に来るようにするために、一度逆側に曲げます。

  • STEP.3
    輪っかを元の方向へもう一度曲げる

    逆側に曲げた輪っかを再度逆側に曲げると、ちょうどよく中央に輪っかが来ます

  • STEP.4
    フックを通す

  • STEP.5
    輪っかの根本をハンダ付けして完成

    ハンダ付けに関してはやらなくても開かないという意見もありますが、万が一のことを考えるとハンダ付けしたほうが安全です

    PEライン等でぐるぐる巻にして塞ぐ方法もあるのですが、ハンダ付けの方がよっぽど楽です。

まとめ

今回はチェリーリグについて紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

チェリーリグは根掛かりが極端に少なく、かなり色々なシチュエーションで使うことができます。

カバーに撃ってもよし、地形変化を攻めてもよし。感度抜群で、糸よれもほとんどなく、ワームの水中姿勢も良い。

かなりストレスなく色々な釣り方ができるリグです

ちょっと製品版の価格が高いのが難点ですが、自作することでそのコストを抑えることもできるので、ぜひ使ってもらいたいです。

このリグを使い始めると、結構虜になってこればかり使っちゃうと思います。

この記事で紹介したアイテムまとめ(Amazonリンクに飛びます)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です