イージーシェイカー (KEITCH)のインプレ!なぜ売れないか不思議すぎる!

KEITCHワームが日の目を見るまでアピールし続けます。

どうも!釣り歴25年のタオルです!

KEITCHワームの最終兵器といえばイージーシェイカーだと思います。

「EASY SHAKER」=「簡単にシェイクできるワーム」って意味が名前に込められています。

「シェイクなんてどんなワームでもできるでしょ?何が違うんだ?」って思いますよね。

このワームには他のワームとは一味違う魅力があります。

トシロー

シェイクで誘うって、サイトで使ってもあんまり喰わねーけど?

イージーシェイカーを使えばシェイキングで誘うのが楽しくなるよ!

タオル

今回はそんなダウンショットの最終兵器「イージーシェイカー」の魅力や使い方を紹介していきます。

イージーシェイカーのスペックと特徴

(出典:KEITCH)

イージーシェイカーのスペック

サイズ自重(g)
3.5インチ1.9
4.5インチ3.3
5.5インチ5.6

素材はノンソルトで低比重なワームです。

リング状のボディーで太さをキープしつつ、芯のボディーは細いため、すごくアクションレスポンスがいいです。

また、低比重素材のため、ダウンショットで使った場合には水平姿勢をキープします。

 

半端ないシェイクのキレ

イージーシェイカーの名前の通り、シェイクに対するワームの反応はすごいです

この動画を見れば、凄さがわかると思います。

シェイク時の微妙な振動がテールまで伝わっているのがわかると思います。

こんなにアクションするワームって他にあまりないです。

このアクションレスポンスによる細かい波動はクリアウォーター、マッディーウォーターどちらでも効きます

同じ系統のアクションを生み出せるワームって、昔のワームですが、今はなきTIFAの「ボディーシャッド」がすごく似ていると思います。

でもシェイクの反応がさらに進化した感じです。動画を見て見比べてみてください。

ボディーシャッドもめっちゃ釣れるんですが、サイトで使うと明らかに反応違うんで、やっぱイージーシェイカーは凄いワーム何だと思います。

トシロー

ボディーシャッドって、久々に聞いたな!ハンドポワードの代名詞的なワームだっけ?

このワームもよく使ってたけど、イージーシェイカー出てからめっきり使わなくなったね。

タオル

水平姿勢が超きれい

イージーシェイカーのもう一つの特徴は「水平姿勢」がめっちゃ綺麗です。

これは低比重素材ならではの特徴で、ゲーリー素材のような高比重ワームでは出せない特徴です。

高比重なワームだとダウンショットで使うと、ステイさせた時は間違いなく尻下がりになってしまうので、これは止めて食わせる時には凄いメリットです。

トシロー

水平姿勢だとなんかいいのか?カットテールでもサイトで釣れるぞ?

ステイさせても尻下がりにならないっていうのは割と肝だと思う。

水平じゃないって自然じゃない気がするのは僕だけ?

タオル

イージーシェイカーの使い方

3.5インチ ダウンショットのサイト

イージーシェイカーを個人的によく使うのは「サイトフィッシング」です。

ボトムにいるバスでノーシンカーでは喰わない時にはダウンショットの出番です。

落ちてくいくものやボトムにあるものには見向きもしないのに、ボトムからちょっと浮かすだけですごい反応するときがあります

そんな時には「イージーシェイカー」の独壇場。

細かいシェイクで誘ってもいいし、ステイさせて水平姿勢のままナチュラルに視覚へアピールしてもいいです。

高滝湖の養老川上流でこのイージシェイカーにだけ異様に反応するケースを何度も見てきたので、水平姿勢&細かなシェイクがすれきったバスにも相当効くのは実証済みです。

3.5インチ ネコリグのスイミング

ネコリグでミドストみたいにスイミングして使うのもいい感じです。

リブだらけなので水を押すのはもちろんなんですが、複雑な波動を生みます。

クリアウォーターで秋口にテンポよくサーチするにはネコリグのスイミングはかなりおすすめです。

表層(30cmから1mぐらい)をシェイクしながら引いてきます。

目で見えるのでレンジコントロールも簡単です。

4.5、5.5のノーシンカー

4.5、5.5インチのノーシンカーもサイトで使います。

すごくスローにフォールしていくので、浮いているバスのサイトでは使いやすいです。

虫で反応ないときにちょっと沈ませると反応するやつにはコレが鉄板。

相当スローフォールなので、ブラインドで使うにはなかなか根気が入ります

ここぞというポイントに投入するにはいいですが、基本サイトがおすすめです。

イージーシェイカーのおすすめカラー

(出典:KEITCH)

基本的にケイテックのワームは良いカラーばかりの印象ですが、サイトで使うなら「セクシーシャッド」か「アユ」が無難におすすめです。

ちょっと濁りが入ってる時には「モーニングドーン」「サイトフラッシュ」がおすすめ。

この「モーニングドーン」は個人的に超イチオシです。

このカラー最近結構いろんなメーカーのワームにラインナップされているんですが、超いいです。

濁っても、クリアでもどちらでも効く万能カラーだってことに最近気づきました。

明らかに人気ないので、人気のワームでもだいたい売れ残ってます。

OSP、ZBCなんかにもラインナップされているので、使ったことがない方はぜひ!

まとめ

今回はKEITECH(ケイテック)のイージーシェイカーについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

ダウンショットのサイトをやる人には、ぜひ使って欲しいワームです。

ブラインドのダウンショットでも十分釣れるので、高比重素材を使って、ワッキーのダウンショットしかやらないなんて方にも、ぜひ試した見てほしいです。

いままで、釣れなかった類のバスに出会えるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です