ミリオネアCT SV 70はリョウガ超え?2019ダイワの新作に注目!

ダイワのバス用丸型リールといえば「リョウガ」ですよね?

2019年には丸型リールの新たな選択肢となる「ミリオネア CT SV 70」が発売されます。 

リョウガと共にダイワの剛性に優れたリールの代表格となるであろうミリオネア。今回はルアーマガジンにて公開されたスペックを紹介していきます。

ミリオネアCT SV 70はCTコンセプトの丸型リール

2018年にリョウガがモデルチェンジしましたが、SVスプールが搭載されなかったことにがっかりした方は多かったのではないでしょうか?

そこで満を持して登場するのが「ミリオネアCT SV 70」です。SVスプール搭載で、スプール径は30mm。明らかに軽量ルアーを対象としている巻物リールです。

1000番クラスで255gと、カルカッタコンクエスト100(215g)と比較して重量でかなり劣っていたリョウガでしたが、今回の重量は210gとカルカッタよりも軽量となっています。

ミリオネアCT SV 70のスペックとラインナップ

品名巻取り長さ(cm)ギア比自重最大ドラグ力ナイロン糸巻量(Lb-m)スプール径(mm)ベアリング価格(税別)
ミリオネアCT SV 70H/70HL59cm6.3:1210g5kg

12Lb-70m

14Lb-60m

30mm105万2500円
ミリオネアCT SV 70SH/70SHL68cm7.2:1210g5kg

12Lb-70m

14Lb-60m

30mm105万2500円

ハイギアとスーパーハイギアがラインナップされています。とはいってもスプール径が30mmなので巻取り長は短いです。若干巻き重り感が気がかりではあります。

重量は210gとリョウガよりもかなり軽量になりました。軽量化された部分がボディーとなるとかなり剛性の部分に不安が出てしまいますが、現時点では各パーツの重量が判明していないためわかりません。ボディーで軽量化したとなると、かなりずっこける可能性大な気がします。

ラインキャパに関しては、14lbで60mと必要十分なレベルだと思います。

ミリオネア CT SV 70の特徴

30mm径のスプール

最大の特徴は30mm径のスプールになると思います。

軽量ルアーの対応度は増しながら、スプールがブランキングされているわけではないので、高重量のルアーも扱える。幅広い用途に対応したスプールです。

おそらく5gのシャッドからジョイクロまで投げられるような仕様になっていると思われます。

ゼロセッティングで調整簡単!

スティーズSV TWやリョウガに採用された「ゼロアジャスター」を搭載しているようです。一度セッティングしたら、簡単には動かない機能です。

ボートや車の揺れなどによって微妙に緩んでくるメカニカルブレーキを適度な所に調節してくれて、その状態をずっとキープしてくれるので、変わらない使用感を実現してくれます。

意外にこの機能はありがたいです。

リョウガ、カルカッタとの比較

品名巻取り長さ(cm)ギア比自重ナイロン糸巻量(Lb-m)スプール径(mm)ソルト対応価格(税別)
NEW ミリオネアCT SV 70H59cm6.3:1210g14Lb-60m30mm不明52,500円
リョウガ  1016CC57cm5.4:1255g14Lb-約110m34mm56,500円
カルカッタコンクエスト10059cm5.2:1215g14Lb-約90m36mm54,600円
カルカッタコンクエストBFS HG68cm6.8:1200g8Lb-45m32mm54,000円

もはや、リョウガと比較するよりもカルカッタコンクエストとの比較のほうが意味を成していると思います。

カルカッタコンクエストとの最大の違いはスプール径です。カルカッタコンクエスト100の場合はスプール径を大口径化させているのでミリオネアCTとは全く真逆の方向性です。カルカッタの場合には、軽量ルアーの対応はカルカッタコンクエストBFSが役割を担っています。

スプール径が大きければ重量のあるルアーの場合は飛距離が出ますが、軽量ルアーには対応していません。逆にベイトフィネスに軸を移せば今度はラインキャパが少なく、太いラインを多く巻くことができません。

その点では、今回発売される「ミリオネアCT SV 70」は今までなかった隙間をついたリールです。軽量ルアーに対応させつつ、太いラインをそこそこ巻ける。いままでなかった類のリールはかなり需要があると思われます。

ミリオネア CT SV 70は巻物主体のアングラーに支持される!

ミリオネアCT SV 70について、速報でお伝えしてみましたがいかがだったでしょうか。

まだまだ、詳細が表に出ていない段階ですので、判明次第、随時アップデートしていきたいと思います。

とはいえ、ちょっと隙間をついた汎用型の丸型ベイトリールは期待大です!

(予約品) ダイワ 19ミリオネア CT SV70H 右手巻き(5月−6月中旬発売予定) ※他商品同時注文不可 ndrel04

created by Rinker
¥45,360 (2019/09/16 13:11:08時点 楽天市場調べ-詳細)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事ダイワ2019新製品!注目のリール、ロッドが大量!今年は当たり年!?

関連記事スティーズ CT SV TW!2019年3月発売!軽量ルアーはコレで決まり?

関連記事アルファスCT SV 70!2019年2月発売!30mmスプールの不安‥

関連記事タトゥーラTW100!2019年2月発売!ダイワの新製品の実力は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です