スコーピオンMGL【シマノ】発売決定!ついにスコーピオンもMGL化!

赤メタで一世を風靡したスコーピオンシリーズ。2019年はMGLスプールを搭載して更なる進化を遂げるようです。

1/10にシマノから新製品の発表があり、スコーピオンMGLの発売が決定しました。

今回は気になるスペックや過去のスコーピオンとの比較を紹介していきたいと思います。

スコーピオンMGLのスペック

(出典:シマノ

価格設定は前モデルと変わらずの27,000円(税抜)。左右両モデルとも2019年月発売予定。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)

ナイロン糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m)

最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
Nomal6.25.521034/25

12-130、14-110、16-100

10-120、12-110、14-90

667/127,000
HG7.45.521034/25

12-130、14-110、16-100

10-120、12-110、14-90

797/127,000
XG 8.55.521534/25

12-130、14-110、16-100

10-120、12-110、14-90

917/127,000

スコーピオンMGLの特徴

  • マイクロモジュールギア搭載
  • S3Dスプール

マイクロモジュールギア

19スコーピオンMGLにはマイクロモジュールギアが搭載されるようです。巻物を主軸とするアングラーにとってこれはかなり朗報です。あのノイズ感の全くない巻き心地は感動するレベル。スルスルと全く引っ掛かりなくシルキーともいえる巻き心地がついにスコーピオンにも搭載されます。

しかし、このマイクロモジュールギアは劣化が早い?という評判もあります。個人的には巻き心地が良すぎるので、劣化が目立ってしまうだけだと思いますが…。

SVS∞

シマノのブレーキシステムの売りである遠心ブレーキ。欠点は調整するのに内部にあるブレーキシューを調整する必要があり非常に手間がかかるものでしたが、SVS∞はダイワのマグネットブレーキのように外部から調節可能です。

内部のブレーキシューもON/OFFの調整ができて、微調整は外部ダイヤルで行える仕様となっており、各段に調整しやすくなっています。

S3Dスプール

S3Dスプールは2017シーズンから取り入れられた技術で、19アンタレスにも搭載されています。切削方法の変更でスムーズな回転を実現する技術のようです。

カラー

ボディーの色が初心に戻ったのか、赤基調に変わりました。原点回帰でしょうか?赤メタの色とは若干違いピンクがかった感じの赤ですが、かなり目立つ色になっています。

旧モデルとの比較

旧モデルのノーマルギアモデルとの比較。1世代前のスコーピオンは70サイズ、200サイズと2種類のラインナップがありましたが、今回は1種類だけです。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ナイロン糸巻量(lb-m)最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
19スコーピオン1506.25.521034/2512-130、14-110、16-100667/127,000
16スコーピオン706.34.519032/2212-100、14-90、16-80637/127,000
16スコーピオン2006.35.521034/2512-130、14-110、16-100677/127,000

16スコーピオン200と比較するとほぼ同スペックということがわかります。これでMGLスプールを搭載して軽量ルアーが投げやすくなったとなるとおかっぱりの中堅リールとしてはかなり期待できるスペックです。

シマノ 19 スコーピオン MGL 151XG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker

シマノ 19 スコーピオン MGL 150XG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker

歴代モデル

1990年の初代モデルからかなりの多くのモデルが発売されています。2020年には30周年のモデルが出そうですね。

  • 1990年
    バンタムスコーピオン

    90 スコーピオン

  • 1992年
    バンタムスコーピオンメタニウムXT

    92 スコーピオンXT

    SVSブレーキを初搭載。

  • 1993年
     

    93 スコーピオン

  • 1994年
    スコーピオンクイックファイヤー

    94 スコーピオンクイックファイヤー

    スコーピオンシリーズで唯一のホワイトボディー

  • 1997年
     

    97 スコーピオン XT

  • 2000年
    スコーピオンメタニウムMg、スコーピオン1000
     

    00 スコーピオンmg

    Mg素材を初採用

    00 スコーピオンXT

     

  • 2004年
    スコーピオンクイックファイヤー
     

    04 スコーピオン クイックファイヤー

    Mg素材を初採用

  • 2004年
    スコーピオンMg

    04 スコーピオン mg

  • 2009年
    スコーピオンXT 1500
     

    09 スコーピオンXT

  • 2010年
     

    10 スコーピオン XT

  • 2011年
     

    11 スコーピオン DC

    初のDC機。

  • 2014年
    スコーピオン200SCM
     

    14 スコーピオン

  • 2016年
     

    06スコーピオン70,200

  • 2017年
    スコーピオンDC、スコーピオンBFS
     

    17 スコーピオンDC

    17スコーピオンbfs

  • 2019年
     

    19スコーピオンMGL

まとめ

赤メタ以来の爆発的な人気とまではならないかもしれませんが、実売価格が2万円前後でMGLスプール搭載はなかなか魅力的なリールになりそうです。

5年ぶりの赤いスコーピオンはバス釣りブーム世代の方にとってはかなり思い入れのあるリールだと思います。ワインレッドではない現代風の赤いスコーピオンに期待が高まります。

この記事で紹介したアイテムまとめ

シマノ 19 スコーピオン MGL 151XG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker

シマノ 19 スコーピオン MGL 150XG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事19アンタレス【シマノ】が発売確定!本命来ました!

関連記事シマノSLX MGLが発売決定!逆輸入モデルリールは実売15,000円切る?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です