シマノSLX MGLが発売決定!実売15,000円?コスパ最強リールか?

ICAST2018で発表され、すでにアメリカでは発売されているコスパ最強とうたわれているSLX。

日本版のSLX MGLはかなりグレードアップして登場します。このSLX MGLは下手すれば今年一番の大ヒット商品になるかもしれません。

今回はそんなシマノのSLXの情報を紹介します!

SLX MGLのスペック

青のワンポイントがシマノらしからぬデザインで、一見するとAbu?みたいな外観ですが、自重も200gアンダーと比較的軽量です。スプール径も32mmと軽量ルアーに対応したモデルとなっています。

ラインキャパシティーも12lbで100m巻けるのでおかっぱりの遠投時も十分です。ギア比はノーマル、HG,XGの3モデル展開。アメリカでは左ハンドルモデルも発売されていますが、今回の発表では右ハンドルモデルのみとなっています。おそらく時間差で発売されるものと思われます。

価格は21,000円(税抜)となっており、実売価格はおそらく15,000円前後になるのではないでしょうか?MGLスプール搭載機では最安のリールが登場することになります。発売は2010年5月予定です。

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ナイロン糸巻量
(lb-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
70 RIGHT6.35.519032/2312-100、14-90
16-80
63424/121,000
70HG RIGHT7.25.519532/2312-100、14-90
16-80
72424/121,000
70XG RIGHT8.25.519532/2312-100、14-90
16-80
82424/121,000

SLX MGLの特徴

アメリカで発表されたSLX150と日本版は仕様がかなり異なります。自重こそほぼ一緒で195gですが、中身はかなりグレードアップしています。アメリカ版のSLX150は実売価格が$99.9と激安ですが、日本版ではおよそ2倍近い価格設定。その価格差の要因とは…

  • MGLスプール
  • SVS∞

まず、一番の違いはスプールです。日本版にはMGLスプールが搭載されており、軽量ルアーにさらに対応する仕様です。また、SVS∞が搭載されており、外部ダイヤルによってブレーキの微調整が可能になっています。この2つの機能を盛り込んでいるのであれば、この価格差は納得できます。ちなみにソルト対応です。

海外では売れているモデルなので、日本版も期待大です。

これは海外版のSLX150の宣伝動画です。サイドプレートに大きくSLXのロゴが入っていますが、現在のところ日本版のサイドプレートのデザインがこれと同じものかどうかは判明していません。

シマノ 19 SLX MGL 70HG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker
¥15,876 (2019/01/18 22:31:21時点 楽天市場調べ-詳細)

シマノ 19 SLX MGL 70 ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker
¥15,876 (2019/01/18 22:57:05時点 楽天市場調べ-詳細)

シマノ 19 SLX MGL 70XG ベイトキャスティング 【新製品 予約 入荷次第ご連絡】

created by Rinker
¥15,876 (2019/01/18 22:57:05時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

黒船SLX MGLは2019年の注目モデルとなりそうです。MGLスプールとSVS∞搭載でスコーピオンより軽いモデルは人気がでないわけがありません。

デザインもブラック/ブルーのシンプルなデザインなので、日本でも受け入れられそうな気がします!

どうしても待てないという人は、すでに並行輸入モデルを試してみてもいいかもしれません。MGLスプール&SVS∞はついていないので注意してください。高すぎますね…買うならアマゾンUSAで買えるのでそちらのほうがおすすめです…送料込みでもこのショップの半額以下で買えると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事スコーピオンMGL【シマノ】発売決定!ついにスコーピオンもMGL化!

関連記事19アンタレス【シマノ】が発売確定!本命来ました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です