田辺哲男のプロフィール、タックルを紹介!タバコポイ捨て問題で話題沸騰!

タバコのポイ捨て問題で、釣り業界では一躍時の人となってしまった田辺哲男さん。

そんな田辺さんはバス釣り業界では第1線で活躍し続けるレジェンドと言っても過言ではない存在です。

トシロー

気難しい人として有名だよな‥

実際話すとそんな感じじゃないけどね‥タバコポイ捨てはちょっと信じられなかったわ‥

タオル

今回は田辺さんがどんな人物で、どんな釣りをする人なのか、タバコ問題についてまで紹介していきます。

この記事を読めば田辺哲男という人物がどんな人なのかがわかります!

田辺哲男のプロフィール

田辺哲男がバスを持つ

(出典:釣りビジョン

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:1958年7月9日
  • 身長:164cm
  • 出身大学:慶應義塾大学
  • 職業:バスプロ、ルアーブランド ノリーズ代表
  • スポンサー:シマノ、クレハ、マルキュー、ローランス、V6マリンサービス、モーターガイド、富士工業、TALEX、ジールプティクス、宅配のめがねやさん
  • 出演メディア:釣りビジョン(go for it)

経歴

トーナメント

JB(旧JBTA)ではアングラーオブ・ザ・イヤー1回、優勝7回と輝かしい成績を収めています。

アメリカのトーナメント(B.A.S.S)においても外国人として初めて優勝するなど2005年までプロトーナメントへ参戦。バサーオールスタークラシックでは3度優勝(1987、1990、1997)を収めるなど、トーナメントではかなり結果を残せているバスプロです。

メディア、会社立ち上げ

Basser誌の創刊に関わり、創刊後しばらくは編集にも携わった経験を持っています。

ルアーブランドTIFA、ノリーズの立ち上げを行いバスフィッシング界では重鎮的な存在です。現在ではマルキューに譲渡したノリーズの代表を務めており、ロードランナーボイスシリーズなど、かなりストロングな釣りをターゲットにした商品開発が特徴。

人物、発言

「Keep Casting」「Go for it」などが口癖であり、信条としている考え方。パターンフィッシングを日本に持ち込んだ第一人者であり、日本のバスフィッシングの基礎を築いた存在と言っても過言ではありません。

メーカー代表という立場でおそらく年収は数千万円。一般的に見れば成功した還暦のおじさんですが、メーカーの代表という地位を築き上げた今でも相模湖、津久井湖、亀山湖、高滝湖などに頻繁に出没しており、精力的にルアーテストなどを行っている印象が強いです。実際に何度も遭遇したことがあります。

特に雨の日に好んで釣りをしているようで、雨の日は亀山ダムの「のむらボート」へ出現することが多いです。まさに信条としているKeep Castingを実行しているのがわかります。

また、今をときめくバスプロ伊藤巧さんは田辺さんの弟子のような存在。かなり手をかけて育てているような印象です。

関連記事伊藤巧を徹的解剖!タックル&釣りのスタイル!なんでそんなに釣れる?

村田基さんとの関係

村田基さんとは20代の頃から仲がいいようで、「ハジメちゃん」「ノリちゃん」と呼び合う間柄。当時は一緒に釣りをする機会も多かったようです。

田辺哲男さんと村田基さんが対談している動画があるので、見ていただければ仲睦まじい様子が見て取れると思います。動画内では池原ダムで釣った人生初のロクマルはネストだったなど、衝撃的な暴露トークが繰り広げられています。

田辺哲男のタバコポイ捨て問題

田辺哲男がタバコをポイ捨てする様子

(出典:JCAST

2018年10月下旬にシーガープレミアムチャンネルというYoutube動画内で、田辺さんがタバコを湖上にポイ捨てする場面が映し出されており、物議を呼びました。動画視聴者からのコメントで発覚し、瞬く間に話題となってすぐに動画は削除。

普段から釣り人のマナーやモラルに対して苦言を呈してきた人物が行った信じられない行動だけに、業界には衝撃が走りました。しかし、公式声明で下記のような謝罪を行ったことで事態はすぐに沈静化したようです。謝罪内容から察するに日常的にタバコのポイ捨てを行っていたことが伺えるのが非常に残念な印象ですね。

皆様へ

今回、動画撮影中にあわてた場面においてタバコを湖面に投げてしまった件で、多くのファンの方々にご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
火種を含む先端部分だけなら自然を害することはないだろうと個人的に思い込んでいたがゆえに起こしてしまった私の軽率な行動で、釣り業界全体の皆様にご迷惑をおかけしてしまった事、そして多くの方々に不快な思いをさせてしまった事に対し、深くお詫び申し上げます。
今後このような事がないように十分気をつけると共に、釣り人を牽引する立場の人間として自覚を持った行動を行い、実体験を通して得たしっかりとした道徳観の普及に努めてまいります。
この度、皆様からの貴重なご意見をいただきましたことにお礼申し上げますとともに、重ねてお詫びいたします。

(出典:ノリーズwebサイト

田辺哲男の釣りスタイル

スピナーベイト

田辺さんが一番こだわりのあるルアーといえばスピナーベイト。クリスタルSという名作を生み出しており、取材などでもかなりの頻度でスピナーベイトを投げています。

ノリーズではオリジナルのクリスタルS、ディーパーレンジ、シャローロール、パワーロール、スーパースローロールと他メーカーよりもラインナップが多くなっています。

また、「スピナーベイトは、強さでやる気のあるバスを引っ張るルアー」とよく語っており、まさに自身のストロングスタイルに一番マッチするルアーとなっているようです。

パターンフィッシング

1980年代にアメリカに渡り、本場のバスフィッシング理論や技術を吸収して日本へ持ち帰った第一人者である田辺さん。口癖のように言うのが「パターンフィッシング」。

バスの生態、季節ごとの行動に合わせたルアーセレクトや攻略法をまとめた書籍も出版しており、生物学者のような知識を持ち合わせています。著書である「バッシングパターンブック」は今読み返してみても、勉強になることばかりです。バスフィッシングの本質に触れたい方は是非読んでみてください。きっと釣果につながるヒントがあるはずです。

陸っぱりはやらない?

田辺さんは陸っぱりを否定しているわけではないですが、アメリカに行っていた経験からか、「バスフィッシングはボートでやるもの」という考えが強いようです。

この考えの根底には、バス釣りを通して地域の活性化を行うためには、フィールドにお金を落とさなければならないというものがあるようです。レンタルボートを使用すればお金が地元に落ちるということらしく、バスフィッシングの未来を考えての主張のようです。

実際、田辺さんは取材などでもほぼ陸っぱりはしません。見たことがあるのはルアーマガジンの陸王ぐらい。本当にボートからの釣りというものを突き詰めている印象です。

田辺さんの貴重な陸っぱりの映像はU-NEXTで視聴可能です。

PICK UP!無料で陸王2014チャンピオン・カーニバルを見る

デコを恐れない

田辺さんがよく語るのが「デコを恐れるな」ということ。確かに田辺さんはライトリグを使っているのをほとんど見ません。マイゲームを貫き通せばそれでいいという考え方があるようで、現在のフィネスフィッシングに対しては比較的否定的な意見を持っています。

ノリーズの製品にもまさにそんな姿勢が表れており、基本デカくて、アピールの強いルアーがほとんどです。しかし、近年では伊藤巧さんによってフィネスよりな商品が多くなってきており、変化しつつあるのかも知れません。

田辺哲男のタックル

ロッドは自身のブランド「ノリーズ」のロードランナーシリーズ、リールはスポンサードを受けているシマノで統一されています。下記はほんの一例ですが、田辺さんの使用頻度の高いタックルです。

スピニングタックルを使用するのはほとんどが、冬のメタル系ルアーのみで、基本的にベイトタックルがほとんどです。近年使用頻度が高いのがフリップギルのネコリグです。2018Basserオールスタークラシックでのフリーリグといい、田辺さん自身の釣りも変化しているのもかも知れません。

ロードランナー VOICE LTT680MH

使用ルアー:クリスタルS、ヒラクランク、

使用リール:メタニウムDC、カルカッタコンクエスト100DC

ロードランナー ストラクチャー ST720H

使用ルアー:フリップギル(ネコリグ)、ガンタージグ ライト 5g

使用リール:メタニウムMGL

ロードランナー VOICE ジャングル760JH

使用ルアー:3/4oz テキサスリグ(エスケープツイン)

使用リール:メタニウムMGL

ロードランナーヴォイス HB660MLS-SGt

使用ルアー:インザベイト 7g

使用リール:ステラ2500S

田辺哲男の番組、DVD

Go for it!

go for itのイメージ

(出典:釣りビジョン

田辺さん出演の番組といえば釣りビジョンの長寿番組「Go for it!」。2000年から始まりすでに18年間続いている番組で放送回数は160回を超えています。釣り番組としては最も長く続いている番組です。

特徴は他の番組と異なり、普通にデコるということ。どんなに厳しい状況でも再撮などは行わない方針のようで、冬のシーズンには釣り番組なのに魚が釣れないというのもしばしばあります。田辺さんのマイゲームを貫き通す姿勢を映し出す番組なので、それでいいのでしょう。それでもかなりの確率でビッグバスを釣り上げるのは流石ですね。根強いファンの多い番組です。

アカデミーシリーズ

多くのDVDにも出演していますが、なかでも大ヒットしたのは「アカデミーシリーズ」です。作品としてはハードベイトアカデミーのスピナーベイト、クランクベイト、トップウォーター編。カバーゲームアカデミーの4本があります。

どれも完全に名作で、バスフィッシングの基本がコレでもかと言うほど詰まった作品です。バス釣り歴3年以上で自分のスタイルが確立できないと悩んでいるならぜひ見たほうがいいと思います。特にスピナーベイトは傑作です。

関連記事スピナーベイトの基本と使い方!4つの肝をおさえれば釣れる!

田辺哲男を支えるモノ

田辺さんの愛車は「グランドチェロキーSTR-8」。やはりバスボートを引っ張るので大型のSUVに乗っています。

グランドチェロキーSTR-8

時計

バス釣りしている時でも身につけているのはスポーツウォッチではなく高級腕時計です。

ブルガリの「スクーバ」クロノグラフ等をしているのを番組などでもよく見ます。

田辺哲男の時計

(出典:Rocket Blog)

サングラス

使用している偏光グラスはZeal Opticsのものです。レンズは全てTALEX製の物を使用しています。かなりいろいろなモデルを掛けているので、一つを愛用しているわけではないようです。

(出典:釣りビジョン

まとめ

今回は田辺哲男についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

ストロングフィッシャーマンの田辺さんですが、当然ですが闇雲にデカイルアーばかりを投げているわけではなく、確かな理論と根拠を持ってマイゲームを貫いている印象です。

2018年にはタバコポイ捨ての問題もありましたが、アメリカでの経験を日本へ持ち帰って広めたバスフィッシングの第一人者として、今後もバス業界を牽引してもらいたいと思います。

この記事で紹介したアイテムまとめ(Amazonリンクに飛びます)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事伊藤巧を徹的解剖!タックル&釣りのスタイル!なんでそんなに釣れる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です