ZPIのアルカンセってどんなリール、ロッド?2019年発売が気になりすぎる…

2018年11月、「ZPI」が釣具の総合メーカーになるというNEWSが飛び込んできました。

ZPIといえば、リールのカスタムパーツ、チューニングパーツのメーカーとしてかなり有名ですよね?回転性能のいいスプールや、ハンドルなど確かな品質の商品を手がけてきたメーカーです。

そんなZPIがロッドやリール、ライン、偏光グラスなどを作るメーカーになるというからかなり驚きました。

2019年には「アルカンセ」というブランドでリールを、ロッドを発売するとのこと。

今回はルアーマガジンにも掲載された「アルカンセ」というリールについて紹介していきます。

※このページの内容は随時更新していきます。1月初旬に詳細な情報が出る予定です。

アルカンセ(ALCANCE)はどんなリール?

(出典:ZPI

現在のところまだ詳細なスペックは出ていませんが、ラインナップとざっくりとした概要だけが発表されています。

※2019/1/7 スペックが発表されました。

ラインナップ

3種類のギア比で左右のハンドルがそれぞれラインナップとなっています。

  • 6.6(ノーマルスピード NS)
  • 7.3(ハイスピード HS)
  • 8.1(エクストラハイスピード XS)
品名ギア比重量スプール径/
スプール自重
ハンドル
長さ
巻取り
長さ
最大
糸巻き量
ベアリング数 BB/
ローラー
価格(税抜)
ALCANCE NS6.6184 g34 mm/11.4 g86 mm70 mm12 lb – 100 m
14 lb – 85 m
9 / 1¥36,900
ALCANCE HS7.3184 g34 mm/11.4 g86 mm77 mm12 lb – 100 m
14 lb – 85 m
9 / 1¥36,900
ALCANCE XS8.1184 g34 mm/11.4 g90 mm86 mm12 lb – 100 m
14 lb – 85 m
9 / 1¥36,900

特徴

アルカンセ リールの外観

(出典:ZPI

  • ブレーキシステム 固定式マグネットブレーキ
  • ハンドル 86mm、90mmのアルミオフセットハンドル
  • ハンドルノブ 丸型ノブ
  • ラインキャパ 12Lb – 100m
  • タイプ 軽量スプール搭載 
  • 価格 36,900円(税抜き)
  • 発売 2019年4月頃

快適性能を優先した作りとなっており、幅広いルアーウェイトをキャスト可能なモデルのようです。

ラインキャパシティーは12Lbが100mとベイトフィネスのような極端なシャロースプールではなく、ラインキャパシティーは十分です。陸っぱりの汎用モデルと言った感じになりそうな予感がします。

アルカンセに搭載されるスプール

これまで多くのリールチューニングパーツをリリースしているので、ギア以外のリール部品についての技術はお墨付き。ZPIのNRCスプールなどは実際使っていてかなり投げやすいのでブレーキやスプールの性能については、かなり期待できるのではないでしょうか?

自重が184gと、このクラスでは軽量な部類です。ダイワのタトゥーラSV TWが200g、シマノのメタニウムMGLが175gなので、ちょうど中間地点に位置しています。価格帯もちょうど中間地点です。まさにこの間を狙って作られたと思われます。

ZPIのリールに対する期待

ZPIのスプールについては、使ったことがある人であればわかると思いますが、かなり快適です。

13メタニウムとRevo LTXにNRCスプールを入れて現役で使用していますが、全く不満はなく確実に性能が1段階あがるような感覚で使用できています。

created by Rinker
オフィス ジーピーアイ(Office Zpi)
¥20,844 (2019/09/16 21:45:59時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、問題だったのは価格です。純正のリール代金+カスタムパーツとなるとかなり高額になってしまうのがネックでした。しかし、ZPIスプールがはじめから組み込まれて量産化されれば、低価格化が期待できます。

価格自体はミドルクラスと言われているので、おそらく3万円以下になると思われます。不安な点はZPIの商品は値引きがあまりないところです。シマノやダイワは定価から20%OFF以下になるのは当たり前なので‥

おそらく社運をかけたプロジェクトだけに、かなり気合が入っていると思われるので高品質なリールになるのではと予想しています。

アルカンセのロッドは?

アルカンセのロッド外観

(出典:ZPI

ラインナップ

品名全長(m)継数仕舞寸法ルアー重量(oz)ライン(lb)価格(税抜)
ALC-V610M2.082グリップ着脱タイプ1/4 〜 18 〜 14¥37,000
ALC-JW69MHST2.052グリップ着脱タイプ1/4 〜 18 〜 16¥37,000
ALC-FM66M1.982グリップ着脱タイプ1/4 〜 3/48 〜 14¥37,000

Mクラス~MHクラスのラインナップで第1弾は完全に陸っぱりをメインターゲットにしている構成。自重が公表されていないのが気になるところです。

V610Mがバーサタイルモデル、JW69MHSTがワーム、ジグ用、FM66Mは巻物系という3タイプです。ベイトフィネス機はなく、リールと合わせてミドル領域をカバーする展開となっています。

特徴

キャストフィーリングを重視して、ガイド径を大きくしている。FM66Mはストレートグリップという以外には特にこれといった特徴は公表されていません。

リールは期待できるかもしれませんが、ロッドは正直微妙です。価格帯も中堅どころを狙っていますが、ブラックレーベルやエクスプライドにも同じようなモデルが多数あるので、ZPIに優位性があるかと言われると‥。

アルカンセシリーズに期待!

カスタムパーツでかなり評判のいいメーカーが作るリールには期待しか感じません。

シマノ、ダイワ、アブに並ぶ第4勢力の今後に注目です。

【ご予約:4月発売】ジーピーアイ(ZPI) アルカンセ リール NS HS XS

created by Rinker
¥39,852 (2019/09/17 04:48:14時点 楽天市場調べ-詳細)

【ご予約:5月発売】ジーピーアイ(ZPI) アルカンセ ロッド ALC-JW69MHST

created by Rinker
¥39,960 (2019/09/17 08:03:21時点 楽天市場調べ-詳細)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事ダイワ2019新製品!注目のリール、ロッドが大量!今年は当たり年!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です